ブログ

   

八尾 東弓削 古民家改修 ~無垢と漆喰の家~ 1階解体 壁・柱

DSCN6300.jpg
1階解体 壁・柱 2階の解体に引き続き、1階の壁・柱の解体も進めていきます。
耐震補強の計画を行った上で、撤去可能な柱を選別していきます。

リビングは開放的な空間にするために柱を撤去しますが、耐震性確保のために
別の場所で耐力をとります。リビングに関しては垂れ壁に耐力を持たせる方法で
耐震補強します。耐震上の一番心配された部分は和室でした。
理由は、2階の直下に柱がほとんどないことです。

南側に至っては1階の柱数本で、直上2階の柱が複数本のる梁を支えているのです。
家の造りから瓦も立派でその分重たく、小屋組⇒2階⇒1階とくる荷重を支えるには
不安定でした。上記を踏まえた上で、補強方法として、柱を連続して配置し柱壁を造り、
伝統構法の貫の手法で格子状に組み剛性を保ち壁とみなしました。
新しく壁が設置できなかったこと、又和室という性質上デザインにも配慮した計画としました。

DSCN6302.jpg DSCN6315.jpg 
DSCN6317.jpg DSCN6325.jpg

DSCN6304.jpg DSCN6320.jpg
DSCN6331.jpg

~ 無垢としっくいを使った自然素材の家づくりなら~
丹陽社のホームページ → 
https://tanyosha.co.jp/

~Facebookでも情報を更新しています~
丹陽社のFacebookページ → 
https://www.facebook.com/tanyoshapage

大阪で木の家を建てるなら

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら