ブログ

   

東大阪客坊 大阪平野を一望する家 配筋検査

東大阪市での木造新築住宅の工事ブログです。
基礎の配筋が完了し、配筋検査を実施しています。基礎の鉄筋の各部の寸法や施工状態についての検査です。強い基礎を作るためには鉄筋のサイズや重なりや空きを適切な寸法で施工する必要があり、基準に基づいて適切に工事がされているかどうかを現場で確認していきます。

配筋検査の結果、適切な施工がされていることが確認されましたので、引き続き基礎工事の工程を進めていきます。この後の工程は、基礎のコンクリートの底盤部分を流し込んでいきます。
コンクリート打設の前には、各部の配管の穴となるスリーブが鉄筋の配筋と合わせて施工されています。

 

東大阪客坊 大阪平野を一望する家 配筋検査

 

大阪で木の家「板倉造り」・自然素材の家を造るなら丹陽社へ

~ 大阪で木の家「板倉造り」・自然素材の家を造るなら ~
丹陽社のホームページはこちら

~ Facebookでも情報を更新しています ~
丹陽社のFacebookページはこちら

~ Instagramでも情報を更新しています ~
丹陽社のInstagramページはこちら

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら