ブログ

   

東大阪客坊 大阪平野を一望する家 掘方

東大阪市での木造新築住宅の工事ブログです。
建物の配置の基準となる遣り方が終わると掘方工事に進んでいきます。基礎の形状に合わせて地盤を掘削していく作業ですが、今回築造するべた基礎には地中梁という部分と底盤という部分があります。地中梁は文字の通り地中に梁を設けて基礎の変形を抑えるとともに、地盤改良により築造した柱状改良体へ建物の荷重を伝える役割をしてくれます。この掘方は建物の高さレベルにも影響を与える作業なので、基準線・基準高さに合わせて慎重に進めていきます。

基礎の掘方が完了すると砕石により地盤底面を整え、湿気防止のために防湿シートを敷設し捨てコンにより基礎の底面となる部分を平滑にしていきます。この工程を終えると基礎の鉄筋が組まれていきます。

東大阪客坊 大阪平野を一望する家 掘方01
東大阪客坊 大阪平野を一望する家 掘方02

 

大阪で木の家「板倉造り」・自然素材の家を造るなら丹陽社へ

~ 大阪で木の家「板倉造り」・自然素材の家を造るなら ~
丹陽社のホームページはこちら

~ Facebookでも情報を更新しています ~
丹陽社のFacebookページはこちら

~ Instagramでも情報を更新しています ~
丹陽社のInstagramページはこちら

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら