ブログ

   

LIXILのバスルーム工場見学会に行ってきました。

昨日は、協力業者様主催のバスルーム工場見学会に参加してきました。

今回見学させて頂いたのは三重県伊賀市にあるLIXIL 上野緑工場です。

敷地面積は約15万㎡!!
浴槽や床をプレス成型している第1製造エリアと、
完成した浴槽や床、鋼板壁パネル、ドアなど判別し
各住宅に必要な部材を積み込み出荷する第2製造エリアに分かれています。

上野緑工場では、中部・近畿・中国・四国地区のユニットバスを供給されているらしく、
バスルーム累計出荷台数1000万台を突破したそうです!!

ユニットバス工場見学会|木の家なら丹陽社
帽子とイヤホンを装着! 工場内を案内して頂きました!

第1製造エリアでは、浴槽や床などの大型部材を生産しています。
作業の流れは、こんな感じです。
➀原材料の準備 → ➁型枠に離型剤吹付 → ➂材料の投入 → ➃成型 → ➄取り出し → ➅加工 → ➆検査 → ➇段積

この工程のうち、➃~➅まではすべて機械が、ロボットが作業していました!
ロボットだと一つの浴槽が出来るまで10分ほど!
加工の作業も、はみ出た部分をカットしたり排水溝用の穴を開けたり。
それらを一台のロボットが、自分で器具を取り換えて加工していました!

さらに第2製造エリアでは、コンテナに各部材を集荷・搭載しているのですが
そこではQRコードが使われていました!
ユニットバスの仕様は、各家庭でそれそれ違います。
たくさんの種類の中から間違いのないように搭載するために
発注を受けた時からQRコードで、データを管理してるのだとか。

また、機械で搭載などをすることで傷つけることなく
安全に運ぶことが出来るそうです。

こうして出来たユニットバス。
LIXILの特徴も分かりやすく教えていただきました!
HPでも紹介されてます!
https://www.lixil.co.jp/lineup/bathroom/feature/unit/

キレイサーモフロアは、
従来の床に比べてヒヤッとせず、滑りにくい。
またお掃除もしやすいとのことで、すごくいいなと思いました!

お風呂は体をきれいにするだけの場所ではなく
心もリラックスして落ち着く空間になっているようです!

ユニットバスの魅力をたくさん知る事ができた一日でした。

お昼に食べた伊賀肉 ステーキランチもとっても美味しかったです。
ユニットバス工場見学会2|木の家なら丹陽社

今回のバスツアーにご招待頂いた協力者様、ありがとうございました。

—————————————————————

~ 大阪で木の家を建てるなら丹陽社へ! ~
丹陽社のホームページ → https://tanyosha.co.jp/

~ Facebookでも情報を更新しています ~
丹陽社のFacebookページ → https://www.facebook.com/tanyoshapage

—————————————————————-

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら