ブログ

   

和歌山 紀三井寺 板倉造りの家 床下断熱材

現場の工事が順調に進んでいきます。

1階の床下に断熱材が施工されています。

床下に断熱材を施工することで、板倉造りの家をより暖かな家にしてくれます。

床には下地に30mmの杉板と仕上げに15mmの杉板を使用するので、

足触りや風合いが良い床が仕上がります。

無垢材は経年変化と共に風合いが変わっていくので、

それも木の家の楽しみの一つではないでしょうか。

 

床下地板が施工されると順次、床仕上げ板の施工に入っていきます。

 

42385

42386

 

 

大阪で木の家を建てるなら

—————————————————————
 
~ 無垢としっくいを使った自然素材の家づくりなら~
丹陽社のホームページ → https://tanyosha.co.jp/ 
   
  
~Facebookでも情報を更新しています~
丹陽社のFacebookページ → https://www.facebook.com/tanyoshapage

—————————————————————-
  
●おまけ・・・
タカシマの個人ブログ
→ http://ameblo.jp/pk-2-1024/theme-10088991949.html
 
—————————————————————-

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら