ブログ

   

寝屋川木屋元町 板倉造りの庫裏 現状庫裏解体(2014.4)

いよいよ工事が始まります。まずは現状庫裏を解体することから始まります。
度々の増築を重ねた現状の庫裏は敷地いっぱいに建っているので、
解体も困難であることが予想されます。

DSCN8333.jpg DSCN8325.jpg 
DSCN8337.jpg DSCN8339.jpg
DSCN8326.jpg DSCN8328.jpg
DSCN8329.jpg DSCN8330.jpg
建物の解体が進むとその敷地の広さが露になってきます。
この現状庫裏を解体した広い敷地に計画庫裏を新築してきます。
模型の建物が新築されていきます。本当に楽しみですね。
DSCN6240.jpg DSCN6239.jpg
DSCN6245.jpg DSCN6246.jpg 

~ 無垢としっくいを使った自然素材の家づくりなら~
丹陽社のホームページ → 
https://tanyosha.co.jp/

~Facebookでも情報を更新しています~
丹陽社のFacebookページ → 
https://www.facebook.com/tanyoshapage

大阪で木の家を建てるなら 

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら