ブログ

   

服部川八幡宮 神殿改修工事 解体② 壁 2013年1月

5.JPG解体② 

壁屋根の解体に続き、壁を解体していきます。

29.JPG 12.JPG
41.JPG 27.JPG
42.JPG 46.JPG
構造は伝統的な貫を使ったものでした。壁は小舞竹に土壁が仕上げられており、
現状は板が張られていますが、以前は土壁が外部に面していたようです。
回廊横に置かれている狛犬や玉石も同時に撤去し、別の場所で保管します。

 ~ 無垢としっくいを使った自然素材の家づくりなら~
丹陽社のホームページ → 
https://tanyosha.co.jp/ 

~Facebookでも情報を更新しています~
丹陽社のFacebookページ → 
https://www.facebook.com/tanyoshapage

大阪で木の家を建てるなら

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら