ブログ

   

服部川八幡宮 神殿改修工事 材木検品 2013年3月

大阪府八尾市での神社改修の工事ブログです。

8.jpg

材木検品材木の検品です。材木の仕入れは今回の改修工事を施工する職人さんが
仕入れています。
その職人さんは、布団太鼓などの伝統的な作り物を得意としているそうで、
仕入れ先も寺社仏閣向けの材木屋だそうです。
材木は主に吉野材の桧です。

3.jpg 7.jpg

1.jpg

柱材は心去り材で、その他は心持ち材を中心に使います。
柱は長年材木屋で乾燥させてきたものだということです。
写真の丸太材は末口240の松丸太材で小屋梁として利用します。
仕口・継ぎ手はほぼ職人さんの手刻みで作っていきます。
写真に写っている他にも材木があることを考えると、とても大変な
作業になることは想像できますが、ここは職人さんの腕の見せ所です。

 ~ 無垢としっくいを使った自然素材の家づくりなら~
丹陽社のホームページ → 
https://tanyosha.co.jp/

~Facebookでも情報を更新しています~
丹陽社のFacebookページ → 
https://www.facebook.com/tanyoshapage

大阪で木の家を建てるなら

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら