ブログ

   

奈良広陵 無垢と漆喰の耐震リフォーム 耐力壁施工開始

奈良県広陵町での自然素材を使った戸建耐震リフォームの工事ブログです。

部分的に壁の断熱材まで施工が進んだ箇所は耐力壁となる構造用合板の施工に移っていきます。

計画段階で行ってきた耐震診断と改修計画により、必要箇所に耐力壁の構造用合板を打ち付けていきます。

しっかりと耐震補強をして耐震性を向上させ地震に強いお家にしていきます。

既存図面によると既存建物には筋違という壁内に施工する斜め材が、入っているということで

その想定の元、耐震計画を進めてきました。壁解体後、現場で既存図面の示す筋違箇所を

確認してみると全箇所に施工がされていました。

リフォームで見られるのが既存図面の筋違等が実際に入っていなかったりする場合があり、

心配していましたが、全箇所確認できたので安心しました。

ただ、筋違の向きが既存図面と異なっていたため、その部分は図面及び耐震計画を見直し、

補強金物を再検討しました。

柱頭柱脚への金物補強に加えて、既存筋違についても施工可能な箇所は金物により

補強を行っていきます。

 

 

奈良広陵 無垢と漆喰の耐震リフォーム 耐力壁施工開始01 奈良広陵 無垢と漆喰の耐震リフォーム 耐力壁施工開始02

 

奈良広陵 自然素材の耐震リフォームなら丹陽社へ

—————————————————————
 
~ 奈良広陵で自然素材の耐震リフォームなら~
丹陽社のホームページ → https://tanyosha.co.jp/ 
   
  
~Facebookでも情報を更新しています~
丹陽社のFacebookページ → https://www.facebook.com/tanyoshapage

—————————————————————-

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら