ブログ

   

奈良広陵 無垢と漆喰の耐震リフォーム 1階床劣化

奈良県広陵町での自然素材を使った戸建耐震リフォームの工事ブログです。

1階部分の床は部分的に床仕上材が著しく劣化している箇所があり、

解体前から心配されていた部分です。床の仕上材の下には根太が一定間隔で入っていますが、

床の劣化で仕上材がたわんで根太の入ってない部分では沈むようになっていたため、

床に不陸があるような状態で、床の仕上材はまもなく抜けてしまうくらいの状態でした。

 

この床は解体して下地ごとやり替えますが、築30年程での床の劣化の状態を確認しています。

仕上げ材の厚みは15mmあるので、現在のフローリングと厚みは変わりませんでした。

この部分は廊下となっているためよく通る部分となりその分劣化が著しく進んだのかもしれません。

 

一般的なフローリングは複合フローリングという合板を貼りあわせ表面に仕上面を貼ったものですが、

この合板の貼りあわせ部分も劣化していたと思われます。

改修後は杉無垢材により頑丈な床を組んでいき、足触りや風合いもいいものにしていきます。

 

奈良広陵 無垢と漆喰の耐震リフォーム 1階床劣化01  奈良広陵 無垢と漆喰の耐震リフォーム 1階床劣化02

 

 

奈良広陵 自然素材の耐震リフォームなら丹陽社へ

—————————————————————
 
~ 奈良広陵で自然素材の耐震リフォームなら~
丹陽社のホームページ → https://tanyosha.co.jp/ 
   
  
~Facebookでも情報を更新しています~
丹陽社のFacebookページ → https://www.facebook.com/tanyoshapage

—————————————————————-

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら