ブログ

   

寝屋川木屋元町 板倉造りの庫裏 屋根・内装(2014.6)

DSCN9306.jpg
屋根・内装工事現場では、屋根工事・内装工事が進みます。
梅雨の時期の工事は天候に左右されるため大変です。
暑くてジメジメする中、皆さん頑張ってくれています。ご苦労様です。
屋根工事では、瓦が敷きこまれていきます。
綺麗な瓦で職人さんが丁寧に施工してくれています。
内装工事では、耐力壁となる部分に木摺り板を打ちつけています。
伝統構法「板倉造り」では、筋かいなどを使用せず、落とし込み板の上に
木摺り板を打ち付けることで耐力壁とする大臣認定を取得しています。
尚、その木摺り板と柱の際に際板を打ちつけることで防火の認定も取得しています。
木摺り板を打ち付ける作業は手間のかかる作業で、又、こちらの建物は規模が
大きく時間はかかりますが、現場の工務店の職人さんたちが頑張って
施工してくれています。同時進行で設備・電気の各業者の方々が、配管・配線を
敷設していきます。内装部分は現状の杉板がそのまま仕上げとなる部分が多く
あるので、配管・配線も計画的に行い、細かな納まりについても注意が必要です。

DSCN9316.jpg DSCN9308.jpg  DSCN9311.jpg

DSCN9312.jpg  DSCN9320.jpg DSCN9335.jpg

DSCN9351.jpg

DSCN9307.jpg DSCN9325.jpg DSCN9334.jpg

DSCN9327.jpg DSCN9341.jpg DSCN9357.jpg


~ 無垢としっくいを使った自然素材の家づくりなら~
丹陽社のホームページ → 
https://tanyosha.co.jp/

~Facebookでも情報を更新しています~
丹陽社のFacebookページ → 
https://www.facebook.com/tanyoshapage

大阪で木の家を建てるなら 

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら