ブログ

   

滋賀県近江八幡 古民家改修 解体

解体.JPG
解体

現場では、解体作業に入りました。江戸時代から住み継がれてきた歴史ある古民家は、
その歴史とともに埃も蓄積されています。普通の住宅の解体とは、埃が舞う量も違います。

埃が極力舞わないよう対策をとってからの作業になります。解体作業に当たる
職人さんたちも全身を真っ白にしながら作業をしてくれています。
写真でも相当な量の埃が舞っている様子がわかります。

 ~ 無垢としっくいを使った自然素材の家づくりなら~
丹陽社のホームページ → https://tanyosha.co.jp/ 

~Facebookでも情報を更新しています~
丹陽社のFacebookページ → https://www.facebook.com/tanyoshapage

大阪で木の家を建てるなら

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら