ブログ

   

集成材とCLTの違い

最近の建築業界は日本の木を使った建築物を積極的に造っていこうという動きがあります。
弊社では、板倉造りという国産無垢材を使った木造住宅の家づくりを行ってきています。これまでの建築業界では木造=住宅というイメージがありましたが、現在は住宅に限らず、中大規模の建築物にも木を使っていこうとする取り組みが進んでいます。

 

集成材とCLTの違い

 

現在の基準では中大規模建築物の場合、大空間の室内が要求されることが多く構造的な要素等の制約から完全に天然木材のみで建築することは難しい部分がありますが、その代わりに集成材やCLT(クロス・ラミネーティッド・ティンバー=直交集成板)といった木を加工した構造部材を使うことで実現できています。
無垢材は天然1本1本の木から切り出された天然の材料ですが、無垢材以外の木が使用された建築物の可能性として、今回は集成材とCLTという部材についてご紹介できればと思います。

まず、集成材という部材についてどのような構成であるかというとひき板または小角材を繊維方向をそろえて平行に並べて積層または幅はぎで接着したものです。
集成材の特徴としては、木の欠点が細かく分散されているので割れや狂いが少なく、大断面構造用集成材とすることで高強度の部材を作ることができ、大空間を実現することができる等です。

一方、CLTと呼ばれる近年開発された直交集成板の部材構成は、ひき板を幅方向に並べたものを繊維方向が直交するように積層接着させたものです。
今後、中大規模の建築物で採用が進められていく見込みであるのがこのCLTを面材として使用し、金物接合により造るCLT工法と呼ばれるものです。

CLTの特徴としては、乾燥が容易であり割れも少なく、交差接着により狂いが発生しくい
木の異方性による強度の違いが直交することで軽減され、木の欠点が分散され品質が安定していて、強度の高い大断面構造用パネルが作れることで中大規模木造建築物の構造材として使用できる等です。

集成材とCLTの構成の大きな違いは、繊維方向に合わせて接着させているか、繊維方向を直交させて積層接着させているかということです。これは木の持つ異方性(使用する方向によって強度が異なること)を利用した違いで、面材としての強度は繊維が直交しているCLTが優れますが、部材単体に荷重がかかる場合には繊維が同じ方向に並ぶ集成材のほうが優れている傾向にあります。

このように中大規模建築物で要求される大空間が実現可能な集成材とCLTですが、心配されることは部材の製造に接着材を使用することから接着剤に含まれる化学物質の放散や匂いなどによる健康被害の可能性が否定できないところです。室内空間を造る部材としては、弊社ではこれらの心配がない天然無垢材の使用をおすすめしますが、これからの日本の木を有効に使った建築の可能性としても、集成材やCLTのおかげで中大規模建築物が木造で建築できるようになってきたということは嬉しいことです。

近年、木を使った建築物が建築されやすいように法改正や緩和が実施・検討されています。今後、研究や開発・実験、法規制の緩和や整備等が進み、集成材やCLTに加え、天然無垢材を使った中大規模建築物も建築しやすくなっていくことを願っています。

 

大阪で木の家「板倉造り」・自然素材の家を造るなら丹陽社へ

~ 大阪で木の家「板倉造り」・自然素材の家を造るなら ~
丹陽社のホームページはこちら

~ Facebookでも情報を更新しています ~
丹陽社のFacebookページはこちら

~ Instagramでも情報を更新しています ~
丹陽社のInstagramページはこちら

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら