ブログ

   

2019.10.20『草木染めでファブリックパネルを作ろう!』

先週の日曜は、丹陽社の月に一度の勉強会でした。
今回のテーマは『草木染め』。
布に草木染めをして、最後はファブリックパネルに仕上げます。

まず草木染めをするにあたり、
どんな材料で染めれるか??を検討しました。
身近で、大量に手に入れることができるものとして
たまねぎの皮、ブルーベリー、コーヒーの出しがらを使用することにしました。

特に、
コーヒーについては、店舗の内装改修もさせていただいたお施主様である、
平岡珈琲店様よりいただけることになりました。

◎平岡珈琲店
大正10年創業の老舗珈琲店。
自家焙煎した珈琲豆をオリジナルブレンドで提供されています。
https://www.cafe-hiraoka.jp/

たまねぎの皮もみんなで集めたのに加え、
cafe-cafeばらんす食堂さんでも譲っていただきました。

◎cafe-cafeばらんす食堂
国際薬膳師が監修、和漢膳を取り入れ、旬の食材を使ったバランスのとれた食事を提供されている、おしゃれなカフェ。
http://www.isosy.com/cafe-cafe

平岡珈琲店さま、cafe-cafeばらんす食堂さま、本当にありがとうございます。
どちらも素敵なお店なので、是非行ってみてくださいね(^^)

—————–

まずスタッフから作業工程を説明し、
布(あらかじめ豆乳に浸しています。)を輪ゴムでくくり、模様をつけていきます。

スタッフから作業工程を説明

スタッフから作業工程を説明

布(あらかじめ豆乳に浸しています。)を輪ゴムでくくり、模様をつけていきます

布(あらかじめ豆乳に浸しています。)を輪ゴムでくくり、模様をつけていきます

その後、お好みの染液(たまねぎ、ブルーベリー、コーヒー)の中に20分~40分浸していきます。

お好みの染液(たまねぎ、ブルーベリー、コーヒー)の中に20分~40分浸していきます

お好みの染液(たまねぎ、ブルーベリー、コーヒー)の中に20分~40分浸していきます

 

その後、色止め作用もあるミョウバン水の中に20分浸します。

色止め作用もあるミョウバン水の中に20分浸します

 

待ち時間の間はお客様にはファブリックパネルにつけるピンを製作していただきました。
事前にスタッフが制作したガラスのパーツを選んでピンに貼るだけのものなんですが、、、
選ぶガラスパーツによってファブリックパネルのイメージがガラッと変わるんです♪

事前にスタッフが制作したガラスのパーツ

選ぶガラスパーツによってファブリックパネルのイメージがガラッと変わるんです♪

そして、ミョウバン水から上げ、水洗いした布を乾かしている間にティータイム♪
こちらでも、平岡珈琲店さんのコーヒーをいただきました。

その後、ファブリックパネルに仕上げて完成!!
皆さんそれぞれとっても個性的で素敵なパネルに仕上がりました!

皆さんそれぞれとっても個性的で素敵なパネルに仕上がりました!

皆さんそれぞれとっても個性的で素敵なパネルに仕上がりました!

皆さんそれぞれとっても個性的で素敵なパネルに仕上がりました!

皆さんそれぞれとっても個性的で素敵なパネルに仕上がりました!

皆さんそれぞれとっても個性的で素敵なパネルに仕上がりました!

お客様ともいろんなお話ができ、とても楽しんでいただけたようでした。
私たちもお客様とゆっくりお話ができてとても嬉しかったです。

今回は、当日バタバタとは動いていましたが、予行や試作も重ねたので、
スタッフで段取りよく進めることができたと思います!

次回は『クリスマスリース作り』です。
講師をお招きして、ナチュラルなクリスマスのリースを制作します。
制作時間は1時間程度、終わったらみんなでゆっくりティータイムです♪
みなさんのご参加をお待ちしております(^0^)

 

大阪で木の家を建てるなら丹陽社へ!
—————————————————————

~ 大阪で自然素材にこだわった注文住宅を建てるなら丹陽社へ! ~
丹陽社のホームページ → https://tanyosha.co.jp/

~ Facebookでも情報を更新しています ~
丹陽社のFacebookページ → https://www.facebook.com/tanyoshapage

—————————————————————-

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら