ブログ

   

【お客さまの声】梅雨は室内のほうが洗濯物がよく乾く。木材の調湿作用を直に感じられる健康住宅。

大阪・滋賀・和歌山を中心に、自然素材にこだわった本当の健康住宅をつくり続ける丹陽社、ブログ担当です。
 
弊社では定期的に、板倉造りの見学会を開催しています。
 
今回は引き続き、築30年のお家を建て直して生活がかわったという
山本さん(仮名)に実際に感じていることをお話いただくインタビューの続編をお送りします。
 
健康住宅にこだわった最大の理由も教えていただきました。

■乾燥機いらずの健康住宅。

 
乾燥機いらずの調湿作用
(山本さんのご自宅)
 
インタビュアー(以下、イ):今回も続けて生活面で変わったことについて教えてください!
 
山本さん:一番助かっているのは、家全体が湿気を吸収して、また必要な時に放散してくれるので
朝に食器を洗って、乾燥させなくても何時間かしたら乾いてるんですよね。
乾燥機にかけなくてもすぐに乾くんですよ。
 
「あ、もう乾いてる!」っていうことが多いです。
 
お鍋とかは乾燥機に入れられないじゃないですか。ボールとかも大きいので。
そういうものも夕食が終わってから片付けて、寝る前にはもう乾いてますからね。
 
洗濯物も、すごく湿気の多い梅雨の時期なんかに、外に干すよりも部屋の中に干す方がよく乾くっていうことがありますね。
家の中に干せるように場所を作ってもらっているんですけど、室内でも乾きますね。

イ:浴室乾燥機いらずですね!
山本さんが丹陽社の板倉造りの家を選んだのは、どういう理由からだったのですか?
 
山本さん:私ね、すごく化学物質がダメで。
前の家を解体して同じところに家を建てたんですけど、その間一旦賃貸のお部屋を借りたんですよ。でも結局一泊もできませんでした。
化学薬品の匂いがキツくて、お手洗いも入れないんですよ…。
気分が悪くなってしまって。
 
材料も昔よりはアレルギー対応されていると思うんですけど、
結局トイレに入る時に息が吸えない。
トイレって四方が壁じゃないですか。
だから匂いが充満しちゃって。
 
住めるようにカーテンも変えて、荷物も全部運んだのですが結局泊まれなくて、古い実家に間借りしました。
建売の古い家なのですが、もう薬品臭とかは取れているので。
 
化学物質を使わない
 
イ:では、そういった化学物質のない家を建てたかったということですか?

山本さん:そうです。
でも、そんなお家を建てたくても、大体どこに頼んだら良いかわからないんですよね。
 
でも本当にたまたま、すごく信頼している方を経由して丹陽社をご紹介していただいたので、とってもタイムリーなご縁でした。
すぐに飛びつきました。
 
主人には高いんじゃない?とか、変わってるね、なんて言われましたけど(笑)
 
イ:見学会などに参加されて、最終的に決断されたのですか?
 
山本さん:はい。
壁に塗料を塗ったりとか、壁紙を貼ったりするのは絶対に嫌だと思っていたので。
ちょうどご縁があって、主人も良いと言ってくれたので決めました。

■お庭の植物も人間と共に過ごしやすい

 
イ:今のお家で一番好きな場所はどこですか?
 
山本さん:う〜ん。どうだろう。
小さい余りのスペースに、お花とか植えたりしているのでそういうのが好きですね。 
 
植物もよく育つ家 
 
これもびっくりする話なんですけど、建て替えをしてから植物がすごく丈夫で、外壁の中から出てきたりとかするんですよ。
え!どこから出てるの!?って驚くんですけど(笑)
板の間から出てきてたりしてて。
 
家の基礎も防虫剤を使っていないから植物が元気なんでしょうね。
 
植物も敏感でしょうから、コンクリートとか普通の外壁は照り返しがあってすごく熱くなるのが、
板倉造りの今の家では表面も木材ですし照り返しは無いから、草木にも優しいんじゃないかなと思います。

イ:それはガーデニング好きの方にとっては耳寄りな情報ですね!
今のお家に変えてからものすごく変化があったのですね。
 
山本さん:そうなんです。そしてこれは良いことなのか悪いことなのかわからないですけど、
益虫が寄ってきますね。虫も居心地がいいんでしょう。
今はヤモリが結構多いんですよ。
 
多分、虫の卵とかを食べてくれているんだと思います。
家の中で益虫以外の虫を見かけることがかなり少なくなったので。
 
前の家はこんなに益虫が来ることはありませんでした。
敷地には色んな植物を植えているし、隣には草がボーボーなので、元々そこにいたのだと思いますが、
でも化学薬品を使っていない家だから、虫も住みやすくて来るんでしょうね。
ということは、人間も安心して暮らせるんです。
 
山本さん:また、建て直して空間を広く取れる間取りにしてもらったので、家でお料理教室を開いたり、お友達がよく来てくれるようになりました。
前の家は集まるところが無くてできませんでしたが、キッチンもみんなが対面で過ごせるようにして、クリスマスのリース作りもしましたよ。
 
人が集まる対面キッチン 
 
山本さん、ありがとうございました!
もっともっと伺いたいことはあったのですが、見学会の短い時間の中でもこれだけの住まい方の変化について教えてくださいました。
 
自然の持つ力は本当に偉大ですね!私たちでも知らないことが沢山ありました。
 
丹陽社では、杉無垢材を使った健康住宅を建築しています。
今のお住いに不満のある方、いつか理想の自然素材に囲まれたお家に住みたいという方、ご相談やご質問はお気軽にお寄せください!
 
弊社へのご質問、お問い合わせはこちら

 

大阪

—————————————————————

~ 大阪で自然の調湿で植物と生き生き暮らすなら丹陽社へ! ~
丹陽社のホームページ → https://tanyosha.co.jp/

~ Facebookでも情報を更新しています ~
丹陽社のFacebookページ → https://www.facebook.com/tanyoshapage

—————————————————————-

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら