ブログ

   

2018.10.20『自然を感じる無垢の家』見学会 開催しました!

先週の土曜は、丹陽社の月に一度の見学会でした。
今回は、2016年に竣工した和歌山の板倉の家『自然を感じる無垢の家』で、
見学会を開催させていただきました。

自然を感じる無垢の家 外観
自然を感じる無垢の家 外観02

 

私自身は竣工後初めてお邪魔させていただいたのですが、
旅好きなお施主様らしく、旅先で購入されたインテリアや雑貨を飾ってあり、
楽しく好きなものに囲まれて住まわれているのが伝わってきました。

旅先で購入された素敵な陶器たち
旅先で購入された素敵な陶器たち
中国で購入されたチェスト。引き出しの中に貼られた紙もユニーク!
中国で購入されたチェスト。引き出しの中に貼られた紙もユニーク!
部屋に飾ってあるインテリアそれぞれにお施主様らしさが出ています。
部屋に飾ってあるインテリアそれぞれにお施主様らしさが出ています。
  

こだわりの真空管のアンプやスピーカーから流れてくるレコードの音が室内に響き渡り、本当に心地いい空間でした。
木の家の空間は音の響きもよく、そういう点でも板倉の家を気に入ってくださっていました。

お施主様こだわりの音楽コーナー
真空管のアンプ
  

こちらの家は、
リビングの正面にテラスが設置されており、
リビングと一体空間として使用することが出来ます。
家のすぐ横下に川が流れており、川から吹き上げる風が心地いいこのテラスですが、
今年の9月の台風時のお話を伺うと、全然何の被害もなかったそうです。
テラスの正面、横には木が植えられており、それが防風林の役目をしたようです。
植えられている木はかなりしなっていたそうなので、
きっと木が家を守ってくれたんですね。

リビングの正面にはテラスが併設されています。
田テラスの前に植えられている木
  

今回はお施主様からのご好意で、テラス横に設置した石釜でピザを焼いていただきました!
このために2時間前から石釜を温めてくださっていたそうです!

生地に好きな具をトッピングし、石釜で焼いていきます。
一枚のピザが焼けるのは、ほんの数十秒!
あっという間に焼けてしまうんですね!
焼きたてのピザをみなでごちそうになりました。

みんなでピザのトッピング
テラス横の石釜。釜の中は300度~400度くらいまで上がります。
  
石釜で焼いたピザ。おいしすぎます!
  
焼きたての石釜ピザをみんなでいただきました。
焼きたての石釜ピザをみんなでいただきました。
  
焼き豚までごちそうになってしまいました!
焼き豚までごちそうになってしまいました!
一瞬でなくなった焼き豚 笑 食べる前に撮っておいてよかったです 笑
一瞬でなくなった焼き豚 笑 食べる前に撮っておいてよかったです 笑
  

多趣味なお施主様は、趣味で水墨画も描かれているのですが、
この板倉の家の設計のときにアトリエも作ったんです。

S様の水墨画

こちらがそのアトリエ。

アトリエの本棚
アトリエ
  

窓からは山を眺めることができ、壁に面した机や棚も水墨画を描くための工夫がされているのです。
ここでゆったりとした気持ちで絵を描かれているのだなということが
伝わるほど、このアトリエを使いこなされていました。

今回は、お施主様のご友人や板倉の家のOBのお客様も来られ、
ワイワイとにぎやかな時間となりました。

朝からピザの準備をしてくださり、おうちも全て公開してくださったS様、
本当にありがとうございました。

今後もこのような見学会をさせていただく機会があれば、
開催しますので、今回来れなかった方も次回はぜひお越しください。

板倉の家、自然素材の持つ良さは、
実際に来て、におい・手触り・視覚的な癒し、あたたかみを感じていただくのが一番です(^^)

 

和歌山県伊都郡九度山のS様邸 『自然を感じる無垢の家』のご紹介はこちら

S様のブログはこちら。旅行記やごはんのお話など楽しく書かれています。

 

和歌山で本物の自然素材の家を建てるなら丹陽社へ!

—————————————————————

~ 和歌山で本物の自然素材の家を建てるなら丹陽社へ! ~
丹陽社のホームページ → https://tanyosha.co.jp/

~ Facebookでも情報を更新しています ~
丹陽社のFacebookページ → https://www.facebook.com/tanyoshapage

—————————————————————-

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら