ブログ

   

葉枯し乾燥

【※2016年9月15日の記事を再編集しています。】

おはようございます。
「和みの一級建築士」オカです。

無垢の材木は、割れが入りやすいと私たちはお客様に説明をしています。

杉などは原木で含水率が200パーセントもあります。
それを20パーセント前後まで落として材木として使用します。

空調が入った室内では、含水率が15パーセントを切るのも少なくありません。

室内が乾燥するとどうしても割れるんですね。

でもやっぱり、割れは少ない方がいいですね。

材木の割れを少なくするために、材木の乾燥方法や
「背割れ」と言って、あらかじめ割っておくということをしています。

棚を造作する場所など、見えない・目立たない面に背割れを施工します。
棚を造作する場所など、見えない・目立たない面に背割れを施工します。

 

乾燥方法には機械で乾燥させる「人工乾燥」
長い時間土場に置いておいて乾燥させる昔ながらの「天然乾燥」があります。

天然乾燥と人工乾燥では、匂いや色なども違います。
天然乾燥と人工乾燥では、匂いや色なども違います。

 

「人工乾燥」の場合、伐採から10日ほどで建築材料として出荷されることが多いです。
「天然乾燥」は構造材ですと1年から3年の期間がかかります。
すぐ欲しいといっても手配できないですね。

その「天然乾燥」の前に山から木を伐りだした際におこなわれる
「葉枯し乾燥」というのがあります。

b8b2903e822dbd16d0cc5bbf5f1b5fea_s

「葉枯し乾燥」とは、伐った木材をある一定期間、木の上部の枝を葉がついたまま放置しておきます。
伐られた木は残った葉により内部の水分を蒸散させます。
だいたい3か月から半年、虫のつかない秋冬に、葉を上にして山で寝かせておきます。
水分が蒸散された材木は、軽くなり運搬しやすくなるんですね。

運搬機械がなかった時代、「葉枯し乾燥」は乾燥だけでなく輸送のために意味があったのです。

生産性の問題により「葉枯し乾燥」や「天然乾燥」は少数派なんですが、
私たちは昔ながらの、葉枯し(葉付き)乾燥+天然乾燥の木材を使っています。

それには理由があるのです。

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら