ブログ

   

東洋医学と健康住宅

「冷えは万病のもと」この言葉をご存知の方も多いのではないでしょうか。

実際に何がしらの病気を抱えている人は大抵の場合、体が「冷え」ています。

日本で古くから存在した東洋医学には「未病」という言葉があります。

未病とは、病気になる前の状態、なんとなく体調がすぐれず、

放っておくと病気になりそうな状態の事を指します。

冷えは未病でありそのままでは深刻な病気を引き起こしてしまう状態と考えられていました。

未病を改善するためには、特に日々の生活の中で体を冷やさない工夫が必要とされています。

東洋医学思想に基づいた健康住宅は、

冷暖房を極力必要としない「温熱環境に優れた住まい」です。

住む人の体から極力熱を奪わない、健康で快適に過ごすための健康住宅なのです。

そして、ほとんどの方がご存じない要素、それは「家の中の温度差」による健康被害。

いわゆるヒートショックと呼ばれるものです。

例えば、脳卒中や心疾患等の血管系の病気で亡くなる人は約28%。

その原因として最近注目されているのが

「家の中の温度差」。

特に寒い冬場浴室やトイレ等で亡くなった方の多くは「家の中の温度差」によって血管系の疾患を起こしている事は、かなり前から大学の専門家などから警笛を鳴らされていました。

断熱・気密性能の悪い家は家全体を温めるのには非常に大きなエネルギーを必要とする為、住人は自分の居る部屋だけを温めています。

その為、使っていなかった部屋や廊下、浴室等は非常に寒く、リビング等の居室は暖かい状態となり、ヒートショックの起きる危険な環境が出来上がります。

自然の力を利用すること、シックハウス対策、温度のバリアフリーの三つは健康住宅の絶対条件と考えます。

これからの住宅の設計では間取りを考え、家の中の空気も設計しなければなりません。

大阪で健康住宅を建てるなら丹陽社へ!

—————————————————————

~ 大阪で健康住宅を建てるなら丹陽社へ! ~
丹陽社のホームページ → https://tanyosha.co.jp/

~ Facebookでも情報を更新しています ~
丹陽社のFacebookページ → https://www.facebook.com/tanyoshapage

—————————————————————-

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら