ブログ

   

木の家に住みたい!! なぜ木は、割れたり反ったりするの?

将来、家を建てるならやっぱり本物の木の家に住みたい!!
一緒に、木の家について色々と勉強していきましょう。


今日は、木はどうして割れたり、反ったりするのか調べてみます。
木のことを知って、もっと木の家づくりを楽しもう!!

家づくりに無垢材を使用したいけど、割れたり、反ったりする事は
やっぱり気になります。 どうしてなんだろう?
どうしたら少しでも割れ、反りを防げるのだろう?

■木の板には、「表」「裏」がある。

 ・木の表(木表)・・・木の中心から遠くて木の皮に近い板の面
 ・木の裏(木裏)・・・木の中心に近くて木の皮から遠い板の面

、木裏10.bmp
 
山から伐ったばかりの木材は、水分をたくさん含んでいる。
これは、木が生きていく為の光合成や栄養分の運搬等に必要な水分で、
木が生きていた証拠だが、この水分が抜けて乾燥していく事が原因で
割れたり反ったりする。

 木材中に存在する水分は、細胞壁内にある結合水と木部のすき間に存在する
 自由水の2種類がある。木が伐られて自由水が抜けている間は、木材の形や
 寸法に変化はないが、乾燥が進んで結合水が抜け始めると収縮が始まる。
 
割れ・反りをできるだけ防ぐには、乾燥していない生材は使わない事
よく乾燥させて水分を少なくしておく。

 ★木の皮に近い側ほど乾燥が早く、木表側に反る


ついでに木材の乾燥についても調べでおこう。

■木材の乾燥による利点

 ・乾燥収縮に伴う割れや狂いを少なくする。
 ・材としての強度を高める。
 ・加工性や塗装性を上げる。
 ・軽くなるので運搬や取り扱いが楽になる。


■木材の乾燥法
 
 製材前の乾燥
 ・葉枯らし乾燥・・・山で丸太の状態で切り倒した木の枝葉をそのままにして、
           まだ生きている枝葉が吸い上げる力で乾燥を促す方法 
 製材後の乾燥
 ・自然乾燥・・・角材を桟積みして半年以上、外気に当て自然に乾燥させる
         ていねいに行なえば細胞の落ち込みが少なく、収縮率も
         小さく、含水率にもムラがでない。
         広い場所と時間が必要で、天候に左右される。

 ・人工乾燥・・・乾燥装置により、強制的に乾燥させる。
蒸気式乾燥、高温乾燥、除湿乾燥、減圧乾燥、薫煙乾燥等がある。
         時間をかけずに効率よく乾燥できるがコストがかかる。
         材によっては、急激な乾燥により割れ、狂いがでる。

できるだけ割れや反りは、少ない方がいいけど、
木材の乾燥による割れ、反りは、天然素材である証拠!


木の家に長く住みたいのなら、割れ、反り、キズはつきもの・・・
本物の素材だから、やがてよい風合いになり、我が家のあじになる
そんな大らかでスローな価値観が必要なのかな。


丹陽社一級建築士事務所

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら