ブログ

   

白熱灯を節約

白熱灯.bmp


「電気のたまが切れた!」


お店に電球を買いに行くと

あら?同じ60Wでも100V用と110V用というのがあることに気がつき

迷ってしまったことないですか?


一般家庭の電圧は100Vなので100V用の電球を買えばいいのです。


ですが、電圧は100Vになっていますが、安定して100Vがきていることは

ないらしく、リミットが100Vの電球はその分寿命が早いとの事です。

そこで、110Vの電球は電圧のズレに順応できるらしく、

その分長持ちするそうです。


100Vと110Vの二つは互換性があって、今まで100Vランプを使っていたところに

110Vランプを持ってくることは可能です。またその逆もOKです。


110Vに変えると3割程度明るさがダウンしてしまいますが、

寿命は、なんと、3.5倍程度のび、

電気代は、な、なんと、15%程度お得になります。



というわけで、110V用ランプというのはメンテナンスの

しにくい階段や長時間点灯の屋外、あるいは、「なぜか頻繁に電球が切れる」

場所や電気代を節約したい場所などに使用するといいと思います。



丹陽社一級建築士事務所



>>>家づくりの資料請求はコチラから

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら