ブログ

   

木の家に住みたい!! 木の種類③ ヒノキ

将来、家を建てるならやっぱり本物の木の家に住みたい!!
一緒に、木の家について色々と勉強していきましょう。


今日は、木の種類パート3-建築用材としての種類(ヒノキ)です。
木のことを知って、もっと木の家づくりを楽しもう!!

今までは、木の話で、住宅とは少し離れていたので、
今回は、建築用材として使われる主な樹種について調べてみます。
一種類づつ、何回に分けてUPしていきます。

どんな木が住宅に使われているのか??
その木には、どんな特徴があるのか??


■ ヒノキ

  社寺建築をはじめ高級建築材として使われる。
  構造材、造作材、建具、家具材、曲物、など幅広く用いられる。
  湿気に強いため浴槽などの水気の多い場所へも使う。

ヒノキ板 ヒノキ表皮 

ヒノキ葉 ヒノキ樹形

  ・常緑針葉樹 / 高さ 20~30m / 直径 1~2m
  ・日本特産 / 本州中部から四国、九州に分布
  ・辺材、心材に差は少ない
  ・辺材は薄黄白色、心材は薄紅色から薄黄褐色
  ・年輪明瞭、木目少なくまっすぐ均質
  ・木肌が細かく、香りがよい
  ・加工しやすく、狂いにくい
  ・耐久性が強く、腐りにくい
  ・表面を上手に仕上げると特有の光沢を出す事ができる



大阪でおしゃれな木の家を建てるなら丹陽社へ!

—————————————————————

~ 大阪でおしゃれな木の家を建てるなら丹陽社へ! ~
丹陽社のホームページ → https://tanyosha.co.jp/

~ Facebookでも情報を更新しています ~
丹陽社のFacebookページ → https://www.facebook.com/tanyoshapage

—————————————————————-

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら